岡山慶子(朝日エル会長)×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
2,561 view
岡山慶子(朝日エル会長)×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談

岡山慶子(朝日エル会長) Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

グローバルで活躍するサステナビリティのリーダーが集うコミュニティ・イベント「サステナブル・ブランド国際会議2023東京(SB 2023 TOKYO)」。ethicaはメディアパートナーとして参加していて、数多くのセミナー、ディスカッション、ワークショップが繰り広げられました。本連載の最終回は、パネルディスカッションにファシリテーターとして登壇した岡山慶子氏(株式会社朝日エル会長)とethica編集長・大谷賢太郎の対談企画となります。

社会貢献をする会社として「朝日エル」を設立

大谷: 朝日エルさんは、創業してから37年になります。まず、業務内容や創業エピソードについて教えていただけますか。

岡山: 朝日エルを創業したのは1986年です。創業する前の年に「男女雇用機会均等法」が制定されたばかりでした。その頃、私の部下の女性たちが結婚・妊娠・出産するタイミングと重なっていました。こうした状況もあって「女性が働きやすい環境にするためには『モノサシ』を変えないといけない」と考えていました。

ちょうどその頃、ハーバードビジネススクールで学んだ友人から「日本には本業を通して社会貢献をする会社がない。あなたがつくればよい。」と聞いていました。これが「本業を通して社会貢献をするような会社をつくりたい」と思った最初のきっかけです。

大谷: 「社会貢献」というキーワードは、会社を設立する前から意識していたということですね。

岡山: そうですね。私の専門領域は「社会心理」です。もともと調査が好きだったので、人の気持ちを深く調べてシステムをつくったり、サービスを始めたいと思っていました。社会貢献をする会社として朝日エルを設立した後、大手企業も同じような女性チームを立ち上げましたが、その多くは長続きしませんでした。私たちの場合、消費者やクライアント、関わるすべての人の気持ちをよく考えて地道に取り組んできたからこそ、ここまで続けられたのではと思っています。

大谷: 会社を継続するには本質を考えることが重要、ということですね。

岡山: はい。会社を経営する上で大切にしていることが3つあります。まず「利益を出す」ということ。次に「社会に貢献する」ということ。最後は「働いている人が幸せになる」ということです。

江戸時代に学ぶSDGsとウェルビーイング

大谷: 岡山さんが登壇されたパネルディスカッションは、とても素晴らしい内容でした。2000年頃からSDGsやウェルビーイングをテーマに活動されていることや、さまざまな文献の調査を踏まえたお話に非常に納得しました。

また、サステナビリティを熱力学の話から始めるという流れも興味深かったです。パネリストとして登壇し、熱力学のお話をされた日本創造学会評議員(元理事長・会長)の奥正廣先生は、どんなつながりなのでしょうか。

岡山: 東京工業大学の一般教養のなかに心理学講座というものがあって、私は共同研究者として参加していました。同じ時期に学生として参加していたのが奥さんでした。たくさんの学生が集まっていましたが、社会人は私だけ。社会人という立場が影響したのか、学生たちは私の話を真剣に聞いてくれました。当時から学生たちには「自然科学や人間科学、社会科学のエビデンスのある研究でなければ発表したくない」と伝えていました。卒業した後も、1年に1回くらいは仲間同士で集まっていましたね。

大谷: そうでしたか。奥先生とは長いお付き合いなのですね。奥先生のエネルギーのお話はとても勉強になりました。

岡山: 石油の生産のピークはすでに過ぎていて、将来的には石油は私たちのエネルギーではなくなるかもしれないといわれています。しかし、こうした事実に触れないようにしている人が多く、それこそが課題だと思っています。

大谷: たしかに、石油の価格が高騰しています。さまざまな物資を輸入に頼っている日本では、食糧に困るようになるのはほぼ確実です。「石油に頼っていなかった」という意味でも、江戸時代に注目すべきポイントがあるように感じています。

岡山: 江戸時代には、みんなが助け合って生きていたことにも着目すべきでしょう。現在は、貧しくなると立ち上がれない社会になっているように思います。江戸時代はそれぞれが助け合って立ち上がっていくような雰囲気や、人と人とのつながりがありました。

大谷: そうですね。海外と競争していくなかで、日本は西洋の影響を大きく受けてきました。その結果のひとつとして、江戸時代にあったようなつながりは薄くなり、個人主義的な考え方が強くなっているように感じています。

Photo=Eijiro Toyokura ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

数多くの偉人を輩出した松阪市とは

岡山: 私は松阪市出身で、松阪生まれの本居宣長や松浦武四郎について幼い頃から学んできました。さまざまな書籍を読むうちに、江戸時代への関心が深まるとともに、松阪市の魅力や松阪市の市民のパワーをより強く感じるようになりました。

大谷: 今回のパネルディスカッションで松阪市長が登壇されていたのは、地元のつながりによるものでしょうか。

岡山: そのとおりです。本居宣長だけでなく、商人の三井高利や北海道の名付け親である松浦武四郎など、松阪市が輩出した偉人はたくさんいます。ここからも、松阪市は特徴のあるまちだと感じています。

大谷: 松阪市は、三重県のなかではどんな位置づけなのでしょうか。

岡山: 松阪市は地理的には名古屋と京都の中間付近にあり、中央政府との距離の取り方が上手だという特徴があります。江戸時代の松阪市は「紀州藩の飛び地」として位置付けられていたため、武士が暮らしていませんでした。だからこそ、商人文化が発展してきました。

大谷: 松阪市の特性を考えるとき、歴史や地理なども多く関係しているということですね。

岡山: そうですね。松阪市は伊勢神宮にも近く、古くから人の往来が盛んな場所でした。本居宣長をはじめ、偉人たちは人を観察したり、記録に残したりするのが得意だったといわれています。

「幸せ」や「生きがい」とは何か

岡山: 江戸時代に日本を訪れた外国人は「どうしてそんなに幸せそうな顔をしているのか」と疑問に思ったそうです。私は、当時の日本人が幸せそうに見えた理由を調べています。そこから日本流サステナブルウェルビーイングを提案しています。

大谷: 昔の映像では、貧しい状況にあっても笑顔の子どもたちの姿を見かけることがあります。貧しいから不幸だという話ではなさそうですね。

岡山: 先日、大学生に対してサステナビリティに関する授業をしました。サステナビリティについて「あなたにとっての問題で自分が幸せかどうかということ」と伝えると、「そんなことは初めて聞きました」という言葉が返ってきたんです。話をよく聞いてみると、その学生は「サステナビリティとは何かをやらなければならないことだ」と思っていたそうです。

大谷: 「自分が幸せかどうか」というのは、大事な視点ですね。ethicaのコンセプト「私によくて、世界にイイ。」にもつながる話だと感じます。「私によくて」の部分がなければ、「世界にイイ。」も存在しません。きっと同じような考え方ですね。

岡山: そうですね。幸せに関連して「生きがい」について考えてみると、欧米の場合は数値化やパターン化するのが得意です。それに対して沖縄の研究のなかには、生きがいについて「明日やることがあるかどうか」という項目があります。私の知人は、「夜眠る前に、明日の朝起きるのが楽しみであるようにしたい」と言っています。私は、それこそが「生きがい」なのではと思っています。

岡山慶子(朝日エル会長)

1986年に誰もが生き生きと活躍できる社会をつくるために株式会社朝日エルを設立。スタートはパナソニック美容家電、花王ソフィーナの立ち上げにかかわる。 その後、保健・医療・福祉・女性支援などをテーマに社会貢献とビジネスの融合を図る。2000年にアメリカミシガン州でサステイナビリティの概念と実践に出会い、持続可能な社会を担うことを会社の方針とする。

ethica編集長 大谷賢太郎

あらゆる業種の大手企業に対するマーケティングやデジタルの相談業務を数多く経験後、2012年12月に『一見さんお断り』をモットーとする、クリエイティブ・エージェンシー「株式会社トランスメディア」を創業。2013年7月に投資育成事業として、webマガジン「ethica(エシカ)」を創刊。2017年1月に業務拡大に伴いデジタル・エージェンシー「株式会社トランスメディア・デジタル」を創業。2018年6月に文化事業・映像事業を目的に3社目となる「株式会社トランスメディア・クリエイターズ」を創業。

創業12期目に入り、自社メディア事業で養った「情報力」と「アセット」を強みに「コンテンツ」「デジタル」「PR」を駆使した「BRAND STUDIO」事業を展開するほか、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を展開。

今回の「サステナブル・ブランド 国際会議2023東京(SB 2023 TOKYO)」レポート記事は如何でしたでしょうか。

注目すべきセミナー、ディスカッション、ワークショップの様子などをethicaで連載してきました。

バックナンバーをこちらからご覧頂けます。

[連載企画]サステナブル・ブランド国際会議2023東京

 

※本記事は2023年2月14日時点の内容となります。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
戦後の日本で衛生環境を改善したサラヤが、何故?アフリカの女性支援活動を始めたのか。安田知加さんに伺いました 〜ethica Woman Project〜
独自記事 【 2024/6/14 】 Love&Human
ethicaでは女性のエンパワーメントを目的とした「ethica Woman Project」を発足。 いまや「ラストフロンティア」と呼ばれ、世界中から熱い眼差しが向けられると共に経済成長を続けている「アフリカ」を第1期のテーマにおき、読者にアフリカの理解を深めると同時に、力強く生きるアフリカの女性から気づきや力を得る...
今、教育業界からも熱い眼差しが注がれている社会起業家・仲本千津さんにザンビアへの訪問について伺いました 〜ethica Woman Project〜
独自記事 【 2024/6/13 】 Love&Human
ethicaでは女性のエンパワーメントを目的とした「ethica Woman Project」を発足。 いまや「ラストフロンティア」と呼ばれ、世界中から熱い眼差しが向けられると共に経済成長を続けている「アフリカ」を第1期のテーマにおき、読者にアフリカの理解を深めると同時に、力強く生きるアフリカの女性から気づきや力を得る...
冨永愛 ジョイセフと歩むアフリカ支援 〜ethica Woman Project〜
独自記事 【 2024/6/12 】 Love&Human
ethicaでは女性のエンパワーメントを目的とした「ethica Woman Project」を発足。 いまや「ラストフロンティア」と呼ばれ、世界中から熱い眼差しが向けられると共に経済成長を続けている「アフリカ」を第1期のテーマにおき、読者にアフリカの理解を深めると同時に、力強く生きるアフリカの女性から気づきや力を得る...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.7 宇賀なつみ (終章)『Returning to TOKYO 〜サステナブルなフライト〜』
独自記事 【 2024/4/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
[エシカ編集部 体験企画]環境や人権に配慮したエシカル素材で心地の良いナチュラルな香りと時間を実感「Care me(ケアミー)」のインバスグッズ
sponsored 【 2024/3/29 】 Health & Beauty
一日の終わりのバスタイムは、その日の自分をとびきり労って心とからだを回復させてあげたい愛おしい時間。そんなセルフケアの習慣にほんの少し、地球環境や自分以外の人にもちょっと良いアクションが取れたら、自分のことがもっと好きになれる気がしませんか? 今回ご紹介するのはエシカ編集部が前々から注目していた、エシカルな素材を使って...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.6 宇賀なつみ (第5章)ゴールデン・ゲート・ブリッジ
独自記事 【 2024/3/27 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】 連載企画Vol.5 宇賀なつみ (第4章)サンフランシスコ近代美術館
独自記事 【 2024/3/20 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 本特集では、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブ...
【ethica Traveler】連載企画Vol.4 宇賀なつみ (第3章)アリス・ウォータースの哲学
独自記事 【 2024/2/28 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【ethica Traveler】連載企画Vol.3 宇賀なつみ (第2章)W サンフランシスコ ホテル
独自記事 【 2024/2/14 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.2 宇賀なつみ (第1章)サンフランシスコ国際空港
独自記事 【 2024/1/31 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。 今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブルな...
【ethica Traveler】連載企画Vol.1 宇賀なつみ サンフランシスコ編(序章)   
独自記事 【 2024/1/24 】 Work & Study
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに2013年に創刊した『ethica(エシカ)』では、10周年を迎える節目にあたり、エシカルでサステナブルな世界観、ライフスタイルをリアルに『感動体験』する場を特集しています。  今回は、カリフォルニア州サンフランシスコ市のエシカルな取り組みを取材!エシカ編集部と共にサステナブル...
【Earth Day】フランス商工会議所で開催するイベントにてethica編集部が基調講演
イベント 【 2023/4/3 】 Work & Study
来たる4月22日は「アースデイ(地球の日)」地球環境を守る意思を込めた国際的な記念日です。1970年にアメリカで誕生したこの記念日は、当時アメリカ上院議員だったD・ネルソンの「環境の日が必要だ」という発言に呼応し、ひとりの学生が『地球の日』を作ろうと呼びかけたことがきっかけでした。代表や規則のないアースデイでは、国籍や...
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(序章)と(第1章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/17 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開しています。今回は、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える」の序章と第1章についてのあらすじと見どころをお届け!(記者:エシカちゃん)
トランスメディア方式による新しい物語~『サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビューティーに整える』(第2章)と(第3章)の見どころを紹介!~
独自記事 【 2023/8/24 】 Health & Beauty
エシカではメディアを横断(トランス)するトランスメディア方式を採用し、読者の方とより深くつながる体験を展開中。さまざまなメディアから少しずつ情報を得、それをパズルのように組み合わせてひとつのストーリーを見出す、新しいメディア体験です。 今回は、前回に引き続き、「サステナブルな旅へようこそ!――心と身体、肌をクリーンビュ...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...

次の記事

サンス・エ・サヴール料理長 鴨田猛「都市のレストランのサステナビリティの挑戦 どう未来へつなぐか」
JOHNBULLのアップサイクルプロジェクト rebear by Johnbull / 2024 SS Collection

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます